話題の金時しょうがにはどんな効果があるのか?

金時しょうがの隠された効果とは?

年齢とともに今まで冷え性ではなかった人でも身体の冷えを感じるようになることがあります。

 

冷えは血液の流れが悪くなることから発症するようで、これにより体が疲れたり、ほかの症状につながったりします。

 

血液の流れが悪いと末端まで血液が循環しなくなります。
温かい血液が末端までいきわたらないと言うことは必要な栄養素や酸素もいきわたらないことであり、手足のしびれや肩こり、腰痛また頭痛となることもあるのです。

 

身体を良く動かすことやぬるめのお風呂でゆっくりつかることも冷えには有効ですが、これらには手間暇や時間がかかります。なかなか上手くいかない方には金時生姜が有効なのです。

 

昔から風邪をひいたときには生姜湯を飲むと良いと言いますが、ショウガには体を温める成分が入っていることからそのように言われてきました。

 

そして金時生姜は通常の生姜の約4倍の温め成分が入っており、冷え性の改善には大変効果を表します。

 

また金時生姜には体の代謝をアップする効果があり、実はダイエットにも効果があるのです。
生姜に含まれるジンゲロールという成分が冷え性予防や脂肪燃焼に効く成分なのです。

 

冷えを放置することにより落ちる代謝のせいで、太りやすくなるのです。
生姜を毎日の食事に取り入れることは難しいのですが、金時生姜であれば、調理の手間も要らず、簡単に生姜の成分を摂取することが出来るのです。

 

これからやってくる寒い季節に元気に乗り超えるためには、金時生姜を有効活用したいですね。